ブログトップ

タグ:料理 ( 70 ) タグの人気記事

7月~10月上旬の酒と肴

d0350219_15235835.jpg
陸奥八仙 夏吟醸 ブルーラベル(八戸酒造/青森)

いつの間にかフロストボトルになっていた大人のラムネ。
結露したら必ず剥がれる仕様だったラベルも剥がれない、何か変わった?
相変わらず夏にピッタリのお酒でした。

d0350219_15240337.jpg
鶏胸肉とズッキーニの梅肉和え

夏はサッパリ、ということで梅肉。
延々と食べられます。

d0350219_15241084.jpg
あざくら もぎたて♡りんごちゃん(阿桜酒造/秋田)

ぎゃんわいいラベルの低アル原酒、その名の通りリンゴ酸の強い甘酸っぱい可愛いお酒でした。
モチのロンで好物です、こういうの。

d0350219_15241476.jpg
信州蕎麦

頂き物の信州蕎麦。
長野ではこんなものがスーパーに売っておるというのか、けしからん、ずるい…。
蕎麦湯まで美味しい…。

d0350219_15242214.jpg
若竹屋 渓 袋こぼし 純米吟醸生酒(若竹屋酒造/福岡)

にごり酒はあまり好んで飲まないのだけど、若竹屋の渓が好きなので買ってみました。
うーん、やっぱり普通のが好きかもしれない…。
が、なぜか飲んでてココナッツジュースを思い出しました、ヤシの実からそのまま飲むやつ。

d0350219_15321631.jpg
三井の寿 純米酒 コチネレ -Coccinella -(みいの寿/福岡)

スッキリとした夏の食中酒。
クアドリフォリオのスピンオフですって。
日本酒のスピンオフってなんだ…。

d0350219_15322427.jpg
白桃とクリームチーズの生ハム巻き

Twitterで白桃とクリームチーズの肴がやたら流れてきたので生ハムで巻いてみました。
あーこれはいい。
果物を肴にするという発想は今まで無かったけど美味しいな、オシャレな味がする…。

d0350219_15323570.jpg
義侠 純米原酒 70% 特別栽培米(山忠本家酒造/愛知)

うーん、どんな味だったっけ…記憶が…。

d0350219_15324041.jpg
うな次郎

しかしうな次郎の味は覚えています!
うなぎの代用品として期待される練り物ですね。
ちょっとタレが甘すぎる気がしますが十分美味しいんじゃないでしょうか。

d0350219_15325258.jpg
田酒 特別純米酒(西田酒造店/青森)

田酒はやっぱり美味しいなぁ。
飲み飽きせずスイスイといけるけど軽いというわけでなくしっかり旨みのあるお酒。
味濃いめの肴にもしっかり合いますね。

d0350219_15325818.jpg
秋茄子と胡桃の豚肉巻き

豚の脂とごま油を吸う秋茄子、歯応えと香ばしさの胡桃、これは大正解だ!!!
我ながら素晴らしいものを巻いてしまった。
添え物はフルーツ唐辛子の‘カレイドスコープ’という品種。
辛味が一切ない爽やかな風味です。
育ててよかったカレイドスコープ。

d0350219_15330739.jpg
れいざん 純米吟醸 山 -YAMA- 限定酒(山村酒造/熊本)

熊本県外ではあまり見ない「れいざん」の、さらに南阿蘇の原料にこだわったお酒。
開仙した瞬間強烈なバナナ系の甘い香りが漂いましたが、実際飲むとベタ甘なわけでもなくすいすいと飲めるタイプです。

d0350219_15331352.jpg
南阿蘇山マコモダケと野菜と手羽先の焼き物

初めてのマコモダケ。
南阿蘇の温泉で売っていたのでついつい買ってしまった…。
わくわくしながら焼いてみたけどこれは確かにヤングコーンだ。
おいしい。
タケノコと似ているのは処理前の見た目だけですね。
見かけたらまた買おうかな~。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95, COSINA Voigtländer NOKTON 17.5mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-10-16 18:13 | 食事 | Comments(0)

仙禽かぶとむし2017BYとアボカドディップ、ネギトロ

d0350219_12585638.jpg
仙禽 かぶとむし(せんきん/栃木)

夏が来ると必ず買っちゃう仙禽かぶとむし。
今年も甘い匂いに誘われた私はかぶとむしになったのです。
下半期にも期待。ナチュール今年も出るかな~!

d0350219_12590060.jpg
○アボカドディップとネギトロ

ネギトロを料理といっていいのかあれだけど。
アボカドは砕いたカシューナッツを混ぜているのでコリコリおいしい。
ネギトロと一緒に食べてもいいし、クラッカーに乗せてもいい。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-08-04 17:40 | 食事 | Comments(0)

アップし忘れていた酒と飯

d0350219_15111382.jpg
鍋島 純米吟醸 雄町(富久千代酒造/佐賀)

d0350219_15112020.jpg
細切り昆布と油揚の胡麻油炒め

d0350219_15112503.jpg
砂ズリの中華風和え物

d0350219_15113365.jpg
笑四季 貴醸酒MONSOON 山田錦生原酒(笑四季酒造/滋賀)

d0350219_15114075.jpg
鹿肉のロースト

d0350219_15115544.jpg
若波 ももいろにごり(若波酒造/福岡)

d0350219_15120314.jpg
鶏レバーのオイル煮

d0350219_15121065.jpg
魯肉飯


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-06-28 18:02 | 食事 | Comments(0)

あたごのまつ ささら 純米吟醸と焼ハマグリ

d0350219_13521456.jpg
あたごのまつ ささら 純米吟醸(新澤醸造店/宮城)

伯楽星を醸す新澤醸造店の別ブランドが愛宕の松。
行動圏内にある酒屋で買えるのはこちらのみで伯楽星は取り扱いがないんですよね。
以前飲んだ伯楽星が美味しかったため、こちらもちょっと飲んでみるかと思って手を出してみまして。
こういうときは基準ともなるレギュラーを買うべきなんでしょうが、企画モノ好きな僕の目に飛び込んできたのはこの鮮やかなラベル。
鮮やかな赤緑青のグラデーションが実に夏っぽい、夏酒じゃないらしいけど()

飲んでみた感想としては、スーーーーーーーッと入って消えてゆく伯楽星と比べるともう少しドッシリしてる印象。
しかし重たいわけではなく全体としては爽やかで、キレが良いので食中酒として素晴らしいです。
どちらも究極の食中酒を目指す蔵の姿勢がよくわかるいいお酒でした。
ちなみに僕個人の好みとしては伯楽星に軍配が上がります。

d0350219_13522336.jpg
焼ハマグリ

炭火を起こして七輪でハマグリを焼くと非常に贅沢な気分に浸れます。
火が十分に通り、殻が開いたら旨みジュースが溢れないようひっくり返る前に取り皿に移す。
そして醤油をほんのちょっと垂らす。
すなわち最高。
これ、絶対またやるわ…。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-06-27 17:51 | 食事 | Comments(0)

仙禽ナチュールdueと春の野草

d0350219_15430225.jpg
仙禽 ナチュール due(せんきん/栃木)

買い逃していたナチュールの2番目が運よく手に入った…!!!
やっぱり美味しい!!!
うーん、にしてもこんなにナチュールシリーズ外れないのに5と6だけあんなに酸っぱく感じた理由は何なのだろう…。
酒屋の保管状態か輸送中の管理かなにか悪かったとしか思えない。
買う機会があったらだけどもう一度試してみた方がいいかな…?

d0350219_15580276.jpg
野蒜葉の酢味噌添え

d0350219_15580433.jpg
野蒜の酢味噌添え

d0350219_15581098.jpg
石蕗と油揚の煮物

d0350219_15581124.jpg
ししゃも焼き

春が近づいてきたので「あ、道草食おう」という欲求がむくむくと湧いてきました。
ということで仕事帰りにノビルとツワブキを拾ってきました。

にしてもツワブキの下処理ってめちゃめんどくさいですね~。
アクはバンバン出るし皮むきもしないといけない。
この工程のめんどくささ的に少量を仕込むのじゃあまりにも割に合わないぞコレww
太いものを選んで時間がある日に大量に処理するのが正解かな。

ツワブキ処理したあとにはノビルの下処理に取り掛かったんだけど、それが非常に楽な作業に思えてしまいました。
(まあ洗って一番外の枯れた層を剥いて傷んだ葉先をちぎって捨てるくらいだから実際楽といえば楽なんだけど。)


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-03-20 18:42 | 食事 | Comments(0)

【野営部】若杉山キャンプ(2017.02.25-26)

2月の野営部キャンプです。
場所は前回の昭和の森と同じ糟屋郡ですが、今回は篠栗町にある若杉楽園キャンプ場。



このへん。

この若杉山を登る途中の道に茶房わらび野というガラス張りのオッシャレ~なカフェバーと文治郎という蕎麦屋があるんですが、知名度が上がったようで近頃は人が多くなったみたいですね。
大学時代に何度か来たときはまだまだ穴場のスポットで、会話するときも自然とコソコソ話になってしまうくらい静かな空間でしたが、今はガヤガヤしてんのかな。
あの頃は順番待ちとかしたことなかったのに(笑)

脱線してしまいました。

そのわらび野を通り過ぎて山の上の方に登っていったところにあるのが若杉楽園キャンプ場です。
人気のキャンプ場らしく、あちこちに人がいました。
友人が到着したときには既に見晴らしのいいところはほぼ占領されていたようで、残念ながら奥側のサイトに設営することになりました。

d0350219_15383908.jpg
もし見晴らしのいいサイトが確保できていたら眼下にこんな夜景が拝めていたはずなんですが…残念…(涙)

そして前回までは普通の調理器具しか持っていなかった僕ですが、なんと今回アウトドア用の調理器具デビューしてきました!
初めて作る晩酌のお供は職場の人に頂いた猪肉でぼたん鍋、君に決めた!!
d0350219_15384381.jpg
ぼたん鍋

ま、調理するとはいえキャンプ場なんて明かりもほとんどないので手元で切ったりなんだりそんな複雑な調理なんてやってられるかって感じですけどね。
野菜類や南関揚げなどはもう家でカットしてジップロックで持って行きます。
味噌は赤味噌と白味噌を同量くらいとり、ラップで包んでキュッと絞りゴムで口を留めました。

そんな省スペース&省工程の実験を兼ねての料理でしたが、さすがに肉だけは傷みが怖いので冷凍のブロック肉のまま持っていって現地でスライス。
最初まな板使わずに肉切ってたらオピネルのナイフで指を切りかけました。皮一枚で出血なしです、セフセフ。
うーん、まな板ってやっぱり大事なんだなあ…(笑)

d0350219_15385006.jpg
にしてもランタンの灯ったテントってなんかいいですよね、わくわくします。
僕のBUNDOKのやつ、フライシートの色が暗いからあんま明るく見えないな、新しいテント欲しいな()



d0350219_15385522.jpg
朝起きたらテント前でお湯を沸かしてコーヒー。
あ、ちなみにこの写ってるのが僕の調理器具たちです。
バーナーはSOTOのレギュレーターストーブにシリコンチューブ履かせたもの、クッカーはDUGのLサイズ、テーブルはSOTOのフィールドホッパーにしてみました。
このフィールドホッパー、めちゃめちゃ楽しいんですよ。

カシャン!って開くのみの1ステップ。

閉じるときはカシャンと閉じて左右の足を内側にカチャンカチャンと収める3ステップ。

これが面白くて無駄にカションカション遊んでしまいます。
サイズがもうひと回り大きければ何も言うことないんだけどまぁそこはそんなに気にならない。
もう一つ持っていったって大した大きさじゃないですし。

d0350219_15385606.jpg
ウインナーとツナのパスタ

朝食もパパッと調理できるように準備してきました。
水漬けパスタなら茹で時間が1分くらいで済むし、持ち運び中に折れたりしないし、クッカーからはみ出て焦げたりもない、素晴らしか!
前日の残りのウインナーを切ってオリーブオイルで炒めて、茹でたパスタとツナを絡めてケチャップと醤油で調味。
最後にフライドガーリックフレークをぱらぱら。
以上。
↓の動画にざっくりと調理工程載せたんだけどそのせいで後半テ○ストメイドジャパンみたいな動画になってしまいました(笑)



帰りは徒歩下山組2人でふもと近くにある若杉の湯まで歩いて行きました。
だいたい1時間くらいだったかな。
1泊2日程度の装備だったら特に背負って歩いてても問題なさそうです。

次回の野営部活動は未定。
花見キャンプとか出来たらいいんですけどね~~~。
場合によっては初めてのソロキャンでもするか(未定)


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 10.5mm Aspherical F0.95, COSINA Voigtländer NOKTON 17.5mm F0.95, COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95, COSINA Voigtländer NOKTON 42.5mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-03-17 18:10 | 野営 | Comments(0)

仙禽ドルチェロッソと簡易コース

d0350219_15575020.jpg
仙禽 Dolce Rosso 2016BY(せんきん/栃木)
久しぶりに買ってみました、ドルチェロッソ。
今シーズンはドルチェをスルーしてナチュールばっか追いかけてましたからね~。
前回飲んだときの味もあんま覚えてないんですが、やはり日本酒を逸脱した味ですねこれ。
甘みから酸味へ、そして最後は赤ワインと共通するような渋みが顔を出してきます。

d0350219_15575828.jpg
もやしの味覇ナムル・砂ズリと白髪葱の和え物

d0350219_15580524.jpg
大根の冷製煮物そぼろがけ

d0350219_15580748.jpg
ハマチのカルパッチョ

d0350219_15581202.jpg
ローストポーク バルサミコバターソース

仕込んでいたやつがあったので一気に消費。
ちょっと豪華な晩酌になりました。
ローストポークは初めて作ったんですがうまいなこれ。
なんか淡白な味付けの肉料理のときっていっつもバルサミコバターソースに頼っている気がする。
作り方は簡単です。

 ①バルサミコ酢と蜂蜜を煮詰める(適量)
 ②バターを溶かす(適量)
 ③とろみが出るくらいに冷ます

以上。湯煎でロースト○○系を作るときには出た肉汁も①のときに一緒に入れちゃったりします。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-03-15 18:57 | 食事 | Comments(0)

脂の乗ったサワラと若波純米吟醸

d0350219_16102492.jpg
サワラの刺身
ポケモン捕獲の帰りに食材ゲットだぜでもしようかと自宅近くの市場に寄り道したんですが、魚屋のお母さんが2000円のサワラの切り身を売ってらっしゃった。
高いなあと思いつつも見るとやたらでかい。
頭が手のひらくらいあったんですよ、頭部だけで20cmくらいか。

そういえばざざむしの人がこの時期のでかいサワラは脂が乗っててどちゃくそ美味いみたいなことを書いてたなあとふと思い出して、騙されてもいいやとお母さんの口車に乗ってみることにしました。

帰って晩酌に刺身で食べたんですが、確かに真っ白で身質が全然違う。
サワラって見た目もっと透明感あるもんでしょ?!
食べてみるとサワラってこんなのだっけ、もっと淡白じゃなかったっけと考え込んでしまうようなしっとりもちもちじゅわー体験でした。
あー、なるほど…。納得した…。
翌日に残り半分の刺身と頭を兜焼きにして食べたのですが、焼いてもめちゃ美味いのね。
塩焼き美味しい度でいうとマナガツオの次くらいに好きかも。

d0350219_16102863.jpg
若波 純米吟醸(若波酒造/福岡)
僕の中で飲み飽きない酒ナンバーワン。
開栓直後でまだバナナ系の香りも立っていないのだけれど、それでも目立ちすぎず埋もれすぎずの絶妙なバランスです。
正月ぶりくらいに飲んだけどやっぱ美味しいな~。
数日経ったくらいが一番好きなのでそれもまた楽しみ。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-03-07 18:09 | 食事 | Comments(0)

五橋純米酒と七輪炭火焼

d0350219_11495186.jpg
五橋 純米酒(酒井酒造/山口)
山口の美味しい日本酒。
山口といえば獺祭が超有名ですが、個人的には獺祭よりもこちらのほうが好みです。
この日は卓上で熱燗。
最高ですね、キャンプギア大活躍。

d0350219_11495419.jpg
d0350219_11495799.jpg
d0350219_11500005.jpg
七輪で炭火焼色々
色々炙りました。
椎茸、甘唐辛子、ししゃも、ウインナー、鰹、エイヒレ、ホタテ。
いいですよね。七輪。
ずいぶん前に卓上で肉を焼いたときは脂が落ちて煙探知機が作動してしまったので今回は脂が落ちないもののみ。
これなら全く問題ありませんでした。
ホタテバターなんて最高の高ですよ、たまらん。
またやろっと。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kied0406 | 2017-03-05 18:49 | 食事 | Comments(0)

田中六五純米生と豚ロースステーキ

d0350219_11393105.jpg
田中六五 純米生酒(白糸酒造/福岡)
白糸酒造の蔵開きの日、ほんとのほんとに楽しみにしていました。
それなのにどうしても仕事を休めなかったため、その帰りに買いました。
ええ、鬱憤晴らし(笑)
個人的には火入れよりもこっちの生のほうが好みです。

d0350219_11400143.jpg
豚ロースステーキ バルサミコバターソース
バルサミコ酢と蜂蜜を煮詰めてバターを溶かしたソースが最近のお気に入り。
色んな肉によく合います。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kied0406 | 2017-03-04 18:28 | 食事 | Comments(0)