ブログトップ

タグ:ラン ( 107 ) タグの人気記事

エセオクラデスの1種

d0350219_09254032.jpg
Oeceoclades sp. (Oecl. cf. sclerophylla)
[ラン科/マダガスカル 原産]

とにかくとにかくとにかくカッコいい、スクレロフィラ?として販売されていたエセオクラデス。
これが欲しくて欲しくてずーーーーーーっと悩んでたんですが、先日飲酒中にヤフオク覗いたら手が滑ってしまいました。
いやーやっちまったなー( ^ω^ )

d0350219_09262222.jpg
色味としては相変わらずの枯葉系で、ラメ感もスパツリフェラより弱めです。
だがしかし

d0350219_09263125.jpg
d0350219_09263530.jpg
このスラリと細く伸びた剣のような葉よ!!!
新葉の白地に入る赤い斑模様。
美しい…魔剣エセオと名付けよう。

d0350219_09264343.jpg
d0350219_09264839.jpg
葉裏は赤地に黒い模様。
ますます魔剣っぽいですね。

d0350219_09270116.jpg
d0350219_09270998.jpg
d0350219_09271505.jpg
ああ、ほんとにいいなぁ…コレ…。
しかしインスタに画像を投稿したところ、海外の方から「Oecl. perrieriに似てるね」とのコメントが。
なるほどググると確かに似ている。
ということでちょっと調べてみました。
候補としては上がったのは以下の4つ。

 ①Oecl. analavelensis
 ②Oecl. quadriloba
 ③Oecl. perrieri
 ④Oecl. sclerophylla

"The genus Oeceoclades Lindl."の同定表を参考にしつつ見ていきます。


【A】
×葉の長さが50cm以上。明らかに葉柄がない。 
  →③Oecl. perrieri
○葉の長さが30cm以下。葉柄がある、もしくは微妙にある。
  →①Oecl. analavelensis
   ②Oecl. quadriloba
   ④Oecl. sclerophylla


【B】
?距は水泡状に膨らみ、唇弁より長く伸びる。唇弁中央は反り返る。
   →②Oecl. quadriloba
?距は円筒状で、唇弁よりも短い。唇弁中央は反り返る。
   →①Oecl. analavelensis
   →④Oecl. sclerophylla


【C】
×偽球茎につく葉は2枚。微妙に葉柄がある。葉の長さは20-30cm程度。ブドウ状の花序。
   →③Oecl. sclerophylla
?偽球茎につく葉は1枚。葉柄がある。葉の長さは15cm以内。etc.
   →①Oecl. analavelensis


ということで候補に残ったのはOecl. analavelensisもしくはOecl. quadrilobaの2つ。
なんとスクレロフィラでもペリエリでもありませんでした。
葉がもっと大きくなるならアナラベレンシスの可能性は消えるけど、その辺はまだ何とも言えないですね…。
花を咲かせたらわかる、かもしれないし分からないかもしれない。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2018-01-02 11:25 | 植物 | Comments(0)

ドッシニア・マルモラータ #2

d0350219_15242896.jpg
Dossinia marmorata
[ラン科/ボルネオ島 原産]

キラキラしてるし赤いのでクリスマスっぽい(気がする)
2月のドームらん展で購入した個体です。
ひとまず無事である。
葉はこの10ヶ月で2枚展開ってとこですが、次の葉も控えているので1年で3枚くらいってペースでしょうか。
遅い(笑)
でもめちゃくちゃ綺麗だからいいんです。
プレシャス。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-12-25 11:23 | 植物 | Comments(0)

デンドロビウム・リネアリフォリウム #3

d0350219_13510208.jpg
Dendrobium linearifolium
Tabanan, Bali Isl., INDONESIA
[ラン科]

本種はちまちまと不定期に咲くタイプのデンドロのようです。
豪華さはないけれどそういうやつのが実は好きだったりして。

d0350219_13510566.jpg
唇弁のラインが可愛いです。
ちなみに写真は先月のものでした(載せ忘れてた)


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-11-25 11:50 | 植物 | Comments(0)

バルボフィラム・レティキュラータム #2

d0350219_16411772.jpg
Bulbophyllum reticuatum
Sarawak, MALAYSIA
[ラン科]


セラギネラとシッサスの海に飲み込まれていたレティキュラータムを救出。
しかし救出したはいいが、バルブとバルブの間隔が詰まらないタイプのようなので鉢でやるのはウーンみたいなとこあるんですよね、この子。
結局どうしようか決めるに決められず、ビバリウムの流木上にポン置きしているだけという…(スマン)


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-11-16 11:39 | 植物 | Comments(0)

ハベナリア・エリクミケリー

d0350219_10344747.jpg
Habenaria erichmichelii
THAILAND
[ラン科]

少し地味なH. carneaといった趣の葉。
葉表は少しビロード感が強いため質感もちょっと違うかも。

d0350219_10344421.jpg
控えめに入る銀色の模様が良いですね。
もちろんギンギラバチバチに入るカルネアも大好きなんですが。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-11-07 11:57 | 植物 | Comments(0)

セロジネ・レンティギノーサ

d0350219_11582500.jpg
Coelogyne lentiginosa
[ラン科/インドシナ半島 原産]

ライティングと黒背景のおかげで張りの有る新しいバルブのツヤテカ感がよくわかります。
ガラス棒とかそういうツルツルしたものを見ると舐めたくなると言っていた女の子が知り合いにいるのだけど、今ならその気持ちわかる。
これは舐めたい。

d0350219_11590309.jpg
ちゅるんちゅるんの棒から飛び出す2枚の葉、その曲線も素敵です。
今年も花は見られるかなぁ。
あの巴マミさんみたいな花…。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-10-12 11:56 | 植物 | Comments(0)

バルボフィラム・フラボフィンブリアータム #6

d0350219_11373177.jpg
Bulbopyhllum flavofimbriatum
Sandakan, Sabah, Borneo Isl., MALAYSIA
[ラン科]


枝から垂れ下がり風に揺れる姿がバルボらしくないバルボ。
しかしながら繁茂させたい通常の這うタイプに比べて、仕立て直しのためにちょん切るのに罪悪感が湧かないので株数が少しばかり殖えました。

d0350219_11373912.jpg
青く光る葉は屋外栽培でも消えませんでした。
よかった。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-10-07 11:37 | 植物 | Comments(0)

ファレノプシス・フィリピネンシス #2

d0350219_14192362.jpg
Phalaenopsis philippinensis
[ラン科/ルソン島シエラマドレ山脈 原産]

シレリアナと違って新しい葉も垂れ下がって伸びるのはなぜだろう、サイズの差??


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 17.5mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-10-02 11:18 | 植物 | Comments(0)

ファレノプシス・シレリアナ

d0350219_12594068.jpg
Phalaenopsis schilleriana
[ラン科/ルソン島ビコール州、ビリラン島 原産]

Phal. philippinensisによく似ているけどこちらはピンク色の花が咲きます。
うちにある個体に限っていえば葉の質感もちょっと違う、ような気はするんですがどうなんでしょ。
こちらのほうがややマットな質感で高級感はあります。
模様入りの胡蝶蘭って花が咲かずとも楽しめるからいいですね、個体差大きいからまた別のタイプも見つけたら欲しいかも。
こちらも導入時にしくじって昨年までグズグズしていたためなにげに今のブログでは初出しですね。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 17.5mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-10-01 11:55 | 植物 | Comments(0)

デンドロビウム・ムニフィカム #2

d0350219_12262974.jpg
Dendrobium munificum
[ラン科/ニューカレドニア 原産]

毛玉デンドロ、ベランダにぶら下げてざぶざぶ潅水するだけでほとんど見ていなかったのですが、なんと新芽が出てきておりました。
この平べったいタケノコが毛玉になるのはもう少し先のお話。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-09-29 11:26 | 植物 | Comments(0)