ブログトップ

タグ:シダ ( 115 ) タグの人気記事

ヒメノフィラムの1種(南スラウェシ産)

d0350219_14534006.jpg
Hymenophyllum sp.
Southern Sulawesi, INDONESIA
[コケシノブ科]

友人の採取したスラウェシのコケシノブ。
スッケスケだ~!!
自分がコケシノブ系の栽培方法について未だよくわかっていないので、コケシノブログのゆうさんのブログとか見ながらなんとか維持できる頑張ります。
にしてもほんと綺麗じゃなあ。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-11-18 11:56 | 植物 | Comments(0)

マラッティア・スミシィ

d0350219_10440895.jpg
Marattia smithii
KSB便 Central Viti Levu alt 900m, FIJI
[リュウビンタイ科]

アテヌアータともうひとつ同時に導入したのがこちらのスミシィ。
うーん、素人的には模様のうっすらしたアテヌアータにしか見えない…(笑)
完全に産地は違うんですけどね。

聞くところによるとアテヌアータが二回羽状複葉から三回羽状複葉であるのに対し、このスミシィは二回羽状複葉だそうです。
胞子嚢群の位置とか個数も違うし、それと何よりアテヌアータの鱗茎のあの悪魔の爪のようなものがスミシィには無いそうな。
どれどれ。

d0350219_10444814.jpg
d0350219_10455794.jpg
(何も分からない…)
うーん、あっ。
アテヌアータと違って葉柄が鱗片で覆われていないような気がするけどこれってトリビアになりませんか?


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-11-13 11:40 | 植物 | Comments(0)

プラティケリウム・フラ・ハンズ #3

d0350219_14294147.jpg
Platycerium Hula Hands
[ウラボシ科/交配品種?]

なんじゃこりゃあ。
芸術品かな???


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-11-12 11:28 | 植物 | Comments(0)

アンギオプテリス・ホルタミー #2

d0350219_13463421.jpg
Angiopteris holttumii
Eimyan170220 Tambunan, Sabah, Borneo Isl., MALAYSIA
[リュウビンタイ科]

根無しだったので常湿順化に手こずっていたほるたみさん。
あれから約半年…、そこには元気に開放環境で葉っぱを出すほるたみさんの姿が!!

d0350219_10324540.jpg
一度は完全に葉を落としてしまい、この頭だけ出して動かない状態をハラハラしながら見守ったこの夏。

d0350219_13465155.jpg
そしてそのくるくるが動き始めたのがつい先月のこと。
わい歓喜。

d0350219_13465640.jpg
そしてそこからは速かった。
緑のフェイスハガーみたいな姿になったかと思うとどんどん展開して葉も厚くなっていきます。

d0350219_13470770.jpg
導入時よりは小型化したとはいえ、すっかりビンタイらしくなりました。
そして既に次のくるくるも頭を出して準備中のよう。
熱帯ビンタイも常湿化いけるじゃーん、よしよし。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-11-10 11:37 | 植物 | Comments(0)

マラッティア・アテヌアータ

d0350219_10420562.jpg
Marattia attenuata
KSB便 Central New Caledonia, NEW CALEDONIA
[リュウビンタイ科]

以前春のBBで見送ったニューカレドニアのリュウビンタイモドキ。
ビンタイなのに模様があるんだぜ!!!!
そしてこのクリやクヌギなどを連想するざっくりギザギザ感。
何か日本的で安心する(笑)

d0350219_10422251.jpg
透かすとしっかりビンタイしてますね。
ビンタイの平行脈、すごく好きなんですよ。

d0350219_10210022.jpg
悪魔の爪のような鱗茎が少し見えるようになってきたくらいの株。
これからの生長が楽しみですね。

ここで余談ですが、リュウビンタイ科はMarattiaceaeなのにその代表たるMarattia属の和名はリュウビンタイモドキ。
リュウビンタイの名はAngiopteris属に譲ってしまっているのであります。
この和名の捻れ、ホタルイカがホタルイカモドキ科だったりナナフシの本当の和名がナナフシモドキだったりするのに近いものを感じますね。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-11-08 12:20 | 植物 | Comments(0)

プラティケリウム・フラ・ハンズ #2

d0350219_10091176.jpg
Platycerium Hula Hands
[ウラボシ科/交配品種?]

エロ写真シリーズ第3弾。
どうやらビカクは可愛いだけではなかったようです。
展開中の貯水葉の縁の反り、うっすら見える脈、曲線、滑らかな質感。
ははぁ、こんなに素敵な植物やったんやな。

d0350219_10143881.jpg
厚みがありあまり透けて見えない実葉も、光を当てればこの通り。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-10-05 11:07 | 植物 | Comments(0)

ギンシダ #2

d0350219_09360396.jpg
Pityrogramma calomelanos (帰化種)
EG-05032017-f2 Baturiti, Tabanan, Bali Isl., INDONESIA
[イノモトソウ科/中南米 原産]

ライティングしてみた写真シリーズ。
普段は自然光や水槽から漏れた光で撮影しているのですが、たまにはちゃんとかっこよく、そしてエロく撮ってあげようという趣旨です。
今日からしばらく続きます。

半日陰ではどうも徒長して不細工になってしまうギンシダですが、西日が遮光なしで当たる場所に移動してからぎゅっと詰まって本来のかっこいい姿に戻ってきました。

d0350219_09363798.jpg
繊細な美しさとかっこよさを兼ね備えており、しかも(根付けば)超強健という素晴らしいシダです。
国内にも帰化しているとはいえ、今のところ八重山諸島あたりまでだそうなので見る機会はあまり無いかもですね。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-10-03 11:33 | 植物 | Comments(0)

ブレクナム・ブラジリエンセ #4

d0350219_11444641.jpg
Blechnum brasiliense
[シシガシラ科/南米 原産]

今シーズンはずっと屋外に出しっぱなしでしたがまーーーーーーー強い強い。
アンスリウムとかが大ダメージを受けた猛暑もへっちゃらでしたね。
すごいぞブレクナム、つよいぞブラジリエンセ!

d0350219_11445266.jpg
屋内での新芽よりもやっぱり綺麗に色づきますね。
ブレクナム…やっぱり好き…。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-09-28 11:44 | 植物 | Comments(0)

プラティケリウム・フラ・ハンズ

d0350219_16365659.jpg
Platycerium Hula Hands
[ウラボシ科/交配品種?]

あれ?
ビカクシダってもしかして可愛い植物なのでは…???


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-09-24 11:36 | 植物 | Comments(0)

ホウビカンジュ

d0350219_16395488.jpg
Nephrolepis biserrata
垣花樋川, 南城市, 沖縄県
[ツルシダ科]

石灰岩上から大きなネフロレピスがわさわさ。
よく見なくてもホウビカンジュでした。

d0350219_16400140.jpg
ネフロレピスって根茎が這い回るものだとずっと思っていたのですが、うちで栽培しているものを見て勘違いしていたことに気付きました。
根茎は短く直立、匍匐枝すなわちランナーを多数出してその途中にまた生長点をつける。
上の画像でもその性質がなんとなく分かりますよね。
うちのネフロレピスたちもたくさんランナーを出していますが、みんな鉢から逃げ出しまくっているので殖やすためには広い鉢に植え替えたほうがよかろうな~。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 42.5mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-09-16 11:38 | 植物 | Comments(0)