ブログトップ

タグ:シダ ( 106 ) タグの人気記事

ホウビカンジュ

d0350219_16395488.jpg
Nephrolepis biserrata
垣花樋川, 南城市, 沖縄県
[ツルシダ科]

石灰岩上から大きなネフロレピスがわさわさ。
よく見なくてもホウビカンジュでした。

d0350219_16400140.jpg
ネフロレピスって根茎が這い回るものだとずっと思っていたのですが、うちで栽培しているものを見て勘違いしていたことに気付きました。
根茎は短く直立、匍匐枝すなわちランナーを多数出してその途中にまた生長点をつける。
上の画像でもその性質がなんとなく分かりますよね。
うちのネフロレピスたちもたくさんランナーを出していますが、みんな鉢から逃げ出しまくっているので殖やすためには広い鉢に植え替えたほうがよかろうな~。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 42.5mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-09-16 11:38 | 植物 | Comments(0)

ダナエア属の1種 個体E(ペルー産)

d0350219_12061316.jpg
Danaea sp.
tanakay2017 PERU
[リュウビンタイ科]

複葉で青光りするダナエア。
個体Cとは葉の形も結構違いますが個体Dとは似ているかも。

d0350219_12062453.jpg
青の構造色が分かりやすい写真はこれ。
肉眼ではこれよりももう少し青く見えます。

d0350219_12063151.jpg
透かしたときの脈の様子。

d0350219_12063550.jpg
くるくるは紫色の鱗片に覆われていますが、かなり薄いためほぼ地色の緑色です。


…と、ここまで昨日の個体Dとほぼ同じ文章です。
そう、めちゃくちゃ似ている。
おそらく個体DとEは同種なんだろう。
生長点も横に伸びているように見えるし、自分の中ではD. nodosaに該当するんじゃないかと思ってるんですが、さて。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-08-23 11:04 | 植物 | Comments(0)

ダナエア属の1種 個体D(エクアドル産)

d0350219_14501794.jpg
Danaea sp.
tanakay2017 ECUADOR
[リュウビンタイ科]

複葉で青光りするダナエア。
個体Cとは葉の形も結構違いますね。

d0350219_14502994.jpg
青の構造色が分かりやすい写真はこれ。
肉眼ではこれよりももう少し青く見えます。

d0350219_14503261.jpg
透かしたときの脈の様子。

d0350219_14504020.jpg
くるくるは紫色の鱗片に覆われていますが、かなり薄いためほぼ地色の緑色です。



[PR]
by kied0406 | 2017-08-22 11:25 | 植物 | Comments(0)

ダナエア属の1種 個体C(コロンビア産) #2

d0350219_14033913.jpg
Danaea sp.
tanakay2016 COLOMBIA
[リュウビンタイ科]


複葉のダナエア。
最近は特に生長速度が速いように感じます。
かなり乾燥に弱く、常湿環境に置くとみるみる萎れていくのですがこの辺は根の充実具合による違いかな?
青みなどはほとんど無いです。
見た感じの葉の質感は個体Bが一番近い気がします。

d0350219_14035470.jpg
透かしたときの脈の様子。

d0350219_14040185.jpg
くるくるは濃紫の鱗片に覆われています。
ダナエアの鱗片は紫色ってのがデフォなんだろうか。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-08-21 11:02 | 植物 | Comments(0)

ダナエア属の1種 個体B(コロンビア産) #2

d0350219_16312652.jpg
Danaea sp.
tanakay2016 COLOMBIA
[リュウビンタイ科]


小型で根茎が匍匐するタイプのダナエア。
匍匐する根茎の途中から子株を生じます(が、それはなかなか生長しない)
青みはほとんどなく、質感も個体Aとは違う感じ。

d0350219_16313839.jpg
透かしたときの脈の様子。

d0350219_16315599.jpg
くるくるは薄紫の鱗片に覆われていますが、個体Aに比べるとかなり薄く、軸の緑色が見えるほど(なのですがタイミングが悪く撮れていません。)


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-08-20 11:27 | 植物 | Comments(0)

ダナエア属の1種 個体A(コロンビア産) #5

d0350219_14253191.jpg
Danaea sp. (cf. simplicifolia)
tanakay2016 COLOMBIA
[リュウビンタイ科]


実に順調に育っている青ビンタイ。
特徴的だったあの青みが薄れてきているのは栽培環境のせいか…。
もっと暗くするか、それともいっそ用土に変えてみるか?

d0350219_14254730.jpg
透かしたときの脈の様子。

d0350219_14255455.jpg
くるくるは薄紫のぶ厚い鱗片に覆われています。
こっちの写真の方が分かりやすいかな?


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-08-19 11:50 | 植物 | Comments(0)

ダナエア・ウェンドランディ

d0350219_16341367.jpg
Danaea wendlandii
tanakay2016 COLOMBIA
[リュウビンタイ科]

欲しかったけど手に入れる機会がしばらくなかった南米の透け透けリュウビンタイ、略して透けビンタイ。
ようやく手元に来たのですが、不定芽を植えつけたものなのでサイズはハチャメチャ小さいです。
なんだかDanaea属のリュウビンタイがどんどん増えていく…、これで5つ目か。
大好きだし手もかからないから全然いいんですけどね!


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 17.5mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-08-16 11:20 | 植物 | Comments(0)

フレグマリウルス・ヌンムラリフォリウス #4

d0350219_15094995.jpg
Phlegmariurus nummulariifolius
[ヒカゲノカズラ科/東南アジア 原産]

毎日じゃぶじゃぶ潅水しているので素焼き鉢が苔むしています。
こういう古びた雰囲気ってかっこいいですよね。
プラ鉢には絶対に出せない味。
オシャレ業界の用語ではこういった雰囲気のものを「しゃびーしっく」というそうです。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-08-13 11:08 | 植物 | Comments(0)

ギンシダ

d0350219_18595564.jpg
Pityrogramma calomelanos (帰化種)
EG-05032017-f2 Baturiti, Kabupaten Tabanan, Bali Isl., INDONESIA
[イノモトソウ科/中南米 原産]

バリ島で採集してきた帰化種。
一株枯らしてしまい手持ちはこれのみ。
栽培には通気と湿度が必要らしく、ベランダに移してからはもりもりと新芽を上げるようになりました。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-07-31 11:59 | 植物 | Comments(0)

オオクボシダの1種(シボルガ東部産) #2

d0350219_16502970.jpg
Ctenopteris sp.
HW0517-01 Sibolga東部, Sumatera Utara, Sumatra Isl., INDONESIA
[ウラボシ科]

勝機が見えた。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-07-18 11:50 | 植物 | Comments(0)