ブログトップ

タグ:サトイモ ( 94 ) タグの人気記事

アグラオネマ・ピクタム ‘チェクンガン’ HW0517-01(7)

d0350219_17150297.jpg
Aglaonema pictum 'Cekungan'
HW0517-01(7) Sibolga東部, Sumatera Utara, Sumatra Isl., INDONESIA
[サトイモ科]

今年のHW周年で購入したピクタム。
親株表現も一切分からないので宝くじみたいな気分ですね。
うちに来てから展開した葉はこんな白くて太いラインが入っていました。
(本当は子の写真のあとさらに1枚展開したんだけど撮ってない。表現はこの葉とだいたい同じ。)
この先は…まだ読めませんね。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-09-12 11:22 | 植物 | Comments(0)

アグラオネマ・コスタタム

d0350219_17022569.jpg
Aglaonema costatum
[サトイモ科/東南アジア 原産]

Fox's Aglaonemaとも呼ばれる匍匐性の原種。
そんなにパッとしない見た目ではあるが、そもそも原種のアグラオネマはそう流通しているものではないので割と珍しいかもしれない。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-09-09 11:56 | 植物 | Comments(0)

アロカシア・メロ #4

d0350219_13403697.jpg
Alocasia melo
Sabah, Borneo Isl., MALAYSIA
[サトイモ科]


水槽からほっぽり出してひと夏を越したメロ。
この葉は屋外栽培中に展開したものですが、葉柄も徒長せずにかっこよくまとまってくれました。
あとはこのまま葉数を増やしてくれるといい感じなんですが。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-09-08 11:38 | 植物 | Comments(0)

アグラオネマ・ネブローサム TK150817 #3

d0350219_09573472.jpg
Aglaonema nebulosum
TK150817 Kuala Rompin, Pahang, Peninsula Malaysia, MALAYSIA
[サトイモ科]


現地ではほとんど模様ありだった、と聞いていたはずなのですが未だに出てこないね!
うーん…笑
でもこれはこれで白ホマっぽくて好きだったり(銀とはいわない)


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-09-04 11:56 | 植物 | Comments(0)

アモルフォファルス・ペンデュルス #5

d0350219_16174425.jpg
Amorphophallus pendulus
TK160716 Matang, Sarawak, Borneo Isl., MALAYSIA
[サトイモ科]


展開した赤ペン先生のこの美しさはどうしても表現しきれない。
ネタバレ予告みたいな緑色を呈していたあの時期はなんだったのかという見事な赤銅色と赤ラメです。
きっと葉の更新が近づいていたからなんだろうな。
すんばらしい。

d0350219_16175225.jpg
Amorphophallus pendulus
TK160716 Matang, Sarawak, Borneo Isl., MALAYSIA
[サトイモ科]


緑ペン先生のパターンも涼しげでいいですね。
白く見えるラインですがうっすらピンクがかっております。
赤よりもまだ葉の分岐は少ないですが、大きさはこっちのが倍くらいになってるので存在感もすごい。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-08-29 11:17 | 植物 | Comments(0)

アモルフォファルス・ペンデュルス #4

d0350219_13314612.jpg
Amorphophallus pendulus
TK160716 Matang, Sarawak, Borneo Isl., MALAYSIA
[サトイモ科]


ペンデュルスが新しい葉を展開させ始めました。
昨年の夏に購入して、昨冬に一度更新したから年2回ペースということですか。
これが常湿管理によるものなのか、そもそもそういうものなのかは先日外に出した推定スパルシフロールスの今後の動きで分かりそう。
上の画像は緑ペン先生。

d0350219_13314180.jpg
Amorphophallus pendulus
TK160716 Matang, Sarawak, Borneo Isl., MALAYSIA
[サトイモ科]


そしてこっちが赤ペン先生。
緑ペン先生のほうが先のようですがほぼ同時期ですね。
展開したときは素晴らしく赤かった赤ペン先生ですが、最近ネタバレ予告みたいな緑の発色をしててちょっと今後が不安です…笑


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 17.5mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-08-12 11:28 | 植物 | Comments(0)

アモルフォファルス・スパルシフロールス? #5

d0350219_19260783.jpg
Amorphophallus cf. sparsiflorus
Eimyan160916 Bukit Larut, Perak, Peninsular Malaysia, MALAYSIA
[サトイモ科]


葉の分岐は2つ増えました。
水槽外での最初の葉だからどうなるかな。
綺麗に展開はするだろうけどサイズダウンしそう…、な気もします。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 17.5mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-08-11 11:25 | 植物 | Comments(0)

アロカシア・メロ #3

d0350219_19165281.jpg
Alocasia melo
Sabah, Borneo Isl., MALAYSIA
[サトイモ科]


いつ見てもいい質感のアロカシア。
鉢底から根が溢れてきていたので植え替えついでに水槽からほっぽり出すことにしました。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-08-03 11:16 | 植物 | Comments(0)

アモルフォファルス・スパルシフロールス? #4

d0350219_13504750.jpg
Amorphophallus cf. sparsiflorus
Eimyan160916 Bukit Larut, Perak, Peninsular Malaysia, MALAYSIA
[サトイモ科]


前回の更新から3ヶ月、早くも新しい葉が…。
A. pendulusは年1ペースみたいだし、A. atroviridisに至っては休眠からまだ覚めない(生きてはいる)というのに、こいつだけばんばん更新して大きくなっていきます。

d0350219_13505053.jpg
この新しい葉が展開しきったら間違いなく水槽の天蓋に当たるのでとうとう水槽外へ出すことになりました。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-07-25 11:50 | 植物 | Comments(0)

アンスリウム・ルグローサム #3

d0350219_11013641.jpg
Anthurium rugulosum
[サトイモ科/エクアドル 原産]

ルグローサム、屋外へ。
案外生長が速いのか、他のどのアンスよりもいいペースで新芽を展開しています。

d0350219_11021517.jpg
いい皺々だ。

d0350219_11024402.jpg
しかし気になったのがここ。
誰かにかじられておる…。
根茎もところどころ。
ヨトウムシかな、SATSUGAIしたいな。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kied0406 | 2017-07-22 11:48 | 植物 | Comments(0)