ブログトップ

<   2016年 03月 ( 42 )   > この月の画像一覧

アンスリウム・ベイッチー

d0350219_9414222.jpg
Anthurium veitchii
[サトイモ科/コロンビア 原産]

コロンビア原産の大型アンスリウム。
どれくらいでかいか、それはこちらでご確認ください。
昨年も導入したのですがそのときはうまく活着させることが出来ませんでした。
で、今年再びリベンジというわけです。

d0350219_9414530.jpg
まだまだ大きさはたいしたことがありませんが昨年より厚手の葉でいい感じ。
波打つような葉脈が異形な雰囲気を出していてめちゃかっこいいですね。
現在は楯型の葉ですがこれが大株ではびろろーんと縦に長くなり、それを樹上でプラプラ垂らしているというわけです。
想像したらめちゃめちゃ素敵じゃないですか。

d0350219_9415096.jpg
今回は新芽が動き出すのも確認できたしどうやら無事に活着した模様。
常湿環境下での栽培となるので今後もそんな画像で見る阿呆みたいなサイズまで大きくなったりはしないと思いますが、そんな舐めプやってると土地問題にぶち当たるというのがこの世界の常だしそれ望むところだしいっそもう室内での動線を阻害して処遇に困るくらいのサイズになってほしいです、頼む。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 17.5mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kied0406 | 2016-03-31 11:40 | 植物 | Comments(0)

アグラオネマ・ピクタム ‘タイプエウレカ’

d0350219_17185535.jpg
Aglaonema pictum 'Type Eureka'
AZ0512-10 Nias Isl., INDONESIA
[サトイモ科]


先端に向かって流れるようなメリハリのあるトリカラー。
あれこれ名前がつきすぎてタグ落ちしたらわからなくなりそうなピクタム界隈において、パッと見でそれとわかるという特徴です。
そしてこの美しさに加えてとにかく強健であるということ。

d0350219_17185032.jpg
d0350219_1718582.jpg
間違いなくブームを牽引した個体のうちのひとつであるはず。
所持して納得、エウはすごい。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 17.5mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kied0406 | 2016-03-30 11:25 | 植物 | Comments(0)

俺のアジアビバリウム2016.03.19現在

d0350219_1629824.jpg
d0350219_16265537.jpg
d0350219_1627084.jpg
d0350219_1627320.jpg


だいぶ賑やかになってきましたね。
よきかな。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 17.5mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kied0406 | 2016-03-29 11:26 | 植物 | Comments(4)

リュウビンタイ

d0350219_10274442.jpg
Angiopteris lygodiifolia リュウビンタイ
[リュウビンタイ科/伊豆半島以南~台湾 原産]


国産の大型シダ。
リーフスパンだけならうちにある植物で一番かもしれない。
普段は風呂場に置いているものだけど、引っ張り出して撮影してみました。


こんなにかっこいいシダもなかなかない。
d0350219_10275148.jpg
d0350219_1028063.jpg
d0350219_102831.jpg
というか大型のシダって大正義ですよ。
ヘゴも育てたい…けど枯らすのが目に見えてるから我慢。
その代わりにいつかディクソニア買うんや…。

そしてリュウビンタイのリュウビンタイたる所以がこれ。
d0350219_10284373.jpg
d0350219_10284622.jpg
ゴツゴツの塊茎、鱗のようになっているのは托葉です。
【竜 鱗】と書いて「りゅう びんたい」と読む。
昔の人はこれを竜の鱗に見立てたのだろうな、センスいい。
d0350219_10283158.jpg
d0350219_10285036.jpg
そしてこの無骨な塊茎から柔らかな新芽がくるくると円を解くように展開していくのです。

剛柔一体。
円運動は武の真髄。

つまりリュウビンタイとは『武』なのだ(?)

そして一番好きなのが下から見上げる葉裏。
d0350219_1028124.jpg
d0350219_10281687.jpg
d0350219_10281998.jpg
特に葉裏に何があるというわけでもない。
けれどいつまでも見上げていたくなるそんな綺麗で素敵な葉です。
(ソーラスのブツブツが付いたら評価変わるかもしれない)


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 42.5mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kied0406 | 2016-03-28 11:27 | 植物 | Comments(0)

ソネリラ・プルケラ

d0350219_9464291.jpg
Sonerila pulchella (=ノボタンsp. White Line)
KN便 Lingga Isl., INDONESIA
[ノボタン科]


ライトセーバーなソネリラ。
衣装ケースの弱光下からビバリウムに移して、葉が入れ替わった感じです。
弱々しい葉っぱはどこへやら。
葉挿しでも発根は確認できたし、今後もいい感じで殖えていきそう。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kied0406 | 2016-03-27 09:45 | 植物 | Comments(2)

ホマロメナ属の1種(リンガ島産)

d0350219_9213625.jpg
Homalomena sp. 'Lingga'
KN便 Lingga Isl., INDONESIA
[サトイモ科]


銀葉のホマロメナ。
銀過ぎてむしろ白に見える。
トレードで頂いたものだけど一体誰が採ってきたものなんだらう。
KN便かなぁ。

(2016/7/13追記)
KN便でした。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kied0406 | 2016-03-26 09:14 | 植物 | Comments(0)

モダン仙禽 亀ノ尾

d0350219_1653239.jpg
モダン仙禽 亀ノ尾(栃木)

常備酒は福岡の若波で断トツのトップだけど、次点に来るのがこちらの仙禽。
とはいえ今年度はドルチェシリーズやらかぶとむしやらばかりで、こういった通常ラベルのものは久しぶりに買いました。
以前はモダンって頭についてなかった気がするのだけどクラシック仙禽との対比でしょうか。
クラシックは一度買ったものはあまり好みでもなかったのでそれ以降買ってませんが、いずれもう一度買って確かめてみなきゃと思っているところ。
仙禽はやっぱり強めの酸で甘酸っぱくてこそ、とか思ってます僕。
今回の亀ノ尾も美味しかった(早くも完飲)

d0350219_16532647.jpg
大葉のせトマト

めんつゆで和風に。

d0350219_16532971.jpg
鯛のカルパッチョ

鯛のサクが半額だったのでワインビネガー使ってみたりピンクペッパー散らしてみたりしました。
前日にヒラスもカルパってみたけどやはり白身が好きです。

d0350219_16533214.jpg
大根の冷製煮物そぼろがけ

大根がたくさんあったので「天ぷらのひらお」(こっちのローカル天ぷらチェーン)にあるような常備菜を作ろうかと思いましてん。
大根とそぼろはそれぞれ別に調理してるので食べるときにかけます。
これは簡単だし美味しいしリピート確定だな。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kied0406 | 2016-03-25 17:52 | 食事 | Comments(0)

リプサリス・エワルディアナ

d0350219_1214943.jpg
Rhipsalis ewaldiana
[サボテン科/ブラジル 原産]

多肉はやるまい、そう思っていた僕が昨年の〆に購入したのは以前ご紹介したグリーンドラムでした。
多肉やん。
そして今年の草初めがこのリプサリスでした。

多 肉 や ん 。

いったい何を血迷っているんでしょうね。
その先にあるのはずぶずぶの底なし沼なのに。
とはいえ、このリプサリスは森林性の着生サボテン。
だからセーフ!ええ、セーフなのですよ!

これまでも何度も手を出そうと思っていたリプサリス、ホムセンの多肉コーナーでもよく見かけますね。
でもホムセンのリプサリスってただ単に『リプサリス』って売られていて種小名が不明なんですよね。
知らない子は欲しいと思えないのですよ。
で、ようやく名前がわかるのが見つかって手に入れたというわけ。

d0350219_1215374.jpg
接写するとちゃんとサボテンらしい形しとる。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kied0406 | 2016-03-25 11:01 | 植物 | Comments(0)

ニャーゴヤの手羽先

先日スーパーで精肉コーナー眺めていたらふつふつと欲求が湧いてきました。
手羽先が、手羽先が食べたい、と。
名古屋の手羽先が食べたい、と。
普段は手羽先など全く買わないんですがね。
だってグラムで考えたら骨の重さ分だけ損してるしお世辞にも食べやすいとは言い難いし。

てなわけで2年ぶりくらいに買った気がします。

① 醤油、黒砂糖、酒、みりん、おろし生姜、おろしにんにくをいい感じに適量混ぜ合わせて煮詰める。

② 手羽先に塩胡椒を適当にまぶして馴染ませたものに片栗粉をつけじっくり揚げる。

③ ②を①に絡めて花椒、黒胡椒、一味トウガラシ、白胡麻をパラパラ振る。

d0350219_11244961.jpg
名古屋風鶏手羽先揚げ

おいしい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kied0406 | 2016-03-24 17:14 | 食事 | Comments(0)

カシワバゴム

d0350219_11493654.jpg
Ficus lyrata カシワバゴム
[クワ科/熱帯アフリカ 原産]


例年冬に水切らしちゃって葉を落とさせてしまっていたカシワバゴムちゃん。
今年は落葉させることもなくなんとか無事に育っています。
枝分かれもしたしこっから仕立てるか、それとも好きに暴れさせるか。


(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kied0406 | 2016-03-24 11:48 | 植物 | Comments(0)